読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CarrotCakeの日記

脱メタボ家計とゆるminimalismな日々

保険料を見直す前に

こんばんは、四季報はワイド版じゃなくちゃ!!!!のキャロットケーキです。

老眼にはワイド版お勧めですよー。たくさんチェックしなくてはなりません。これがまた楽しいんです。今のところはゲームアプリで投資するための資料としての扱いですけど、2017年は違うと思う。いや、違う。

今日は娘(高2)の三者面談でした。期末考査1回目の数Ⅱで欠点(16点!!!!)を打ち出した娘。2回目の数Ⅱはクラス落ちを心配して涙目で勉強していました。結果、95点取れたそうですよ。やればできるのなら、最初からやりなさいよー!!!! 模試の結果なども見せられ、頑張れば国公立も行けそうだと言われました。頑張ればね。娘は公立高校入試に失敗して現在の私立高校に通っているわけですが、今思えば、私立で良かったかな。塾に通う時間もないほど学校で勉強します。来年からは月に1度しか休みはないそうです。日曜日も登校。よって塾代がいらないんですよ!! 塾は結構家計への負担が大きいですからね。助かっています。

前置きが長くなりましたが、FP講座の勉強がてら我が家の保険料について考えてみました。夫(49歳)の保険料は月々27,040円。死亡・高度障害、入院、長期入院、手術、術後通院そして介護とあらゆる分野をカバーしています。だから高い。積立額は65歳で389,358円。少ない。少なすぎる。

じゃあ、月々給料から引かれている健康保険料ではどれくらいカバーできるのか⁇ 調べてみました。先ずは高額療養費。夫の収入で考えると自己負担限度額は80,100円+(医療費ー267,000円)×1%。直近12か月間に3回以上高額医療費が支給されているとき、4回目からは44,400円。って払えますか⁇ 我が家は不安です。次に傷病手当金。連続3日以上休業した場合に休業4日目から支払われます。月額報酬30分の1相当額の3分の2を最長で1年6か月。医療費を抱えながらだとこれだけでは不安。死亡の場合は埋葬料・埋葬費。5万円。もし介護が必要になった場合は介護保険制度の第2号被保険者(40歳以上65歳未満)としてサービスが受けられます。障がい者年金もありますね。

どうですか⁇ どの部分に不足を感じるかは人それぞれだと思います。フルタイムでバリバリ働いて男性並みの収入がある方なら金銭面の不安は少ないのかもしれません。貯蓄優等生なら金銭面での心配は少ないのかもしれません。我が家の場合は貯蓄劣等生。しかも扶養の範囲内で働く私と大学受験を控えた娘。健康保険料だけでは不安です。内容を部分的に見直す必要はありそうですが、保険への加入は必須ですね。

とにかく、健康に過ごすことが1番大切。明日からまた1か月間中国へ出張でX'masも年末年始もない夫ですが、暴飲暴食を避け、適度に運動してもらいたいものです。前回の健康診断で脂肪異常、脂肪肝と言われたみたいですけどね。やっぱ保険に入っとこ。

これからも、イライラ、ハラハラ、呆れながら試行錯誤を見ていて下さいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ